重賞コラム#6【皐月賞】

未分類
スポンサーリンク

おはようございます。たけうまです。

今週は時間があったので皐月賞出走予定馬全頭を
血統とローテ(過去走)から考察してみました!
ご覧いただけると嬉しいです!

いつもいいねやRTしてくださる皆さま!
ありがとうございます。すごく励みになっております!

ではしばしお付き合いください。

今年の皐月賞

荒れます。

アサマノイタズラ

ヴィクトワールピサ産駒らしくどの距離カテゴリーでも好走。母ハイタッチクイーンは洋芝・中山・非根幹距離で活躍。血統構成的に将来的に非根幹コースで実績を上げそうではあるが、現状同世代戦であれば楽しみな部分のほうが大きい。テンの速い馬ではないので雨予報で渋った馬場のほうがチャンスは大きくなりそう。体力的な部分でも他馬に見劣りしないので外枠でも立ち回り次第では好走可能。あまりにロス大きくなっての凡走であれば次走以降狙いたい。

アドマイヤハダル

ロードカナロア産駒は主流・反主流問わずどの馬場でも好走出来る持ち味が強み。母スウェアトウショウは1戦出走馬だが、母系にいるサマンサトウショウはエプソムC1着、マイルCS3着と晩年、1600~2000重賞で好走。同馬は若葉賞をステップレースにしての臨戦となるが、ここへ駒を進めてきたシュヴァリエローズ、ディープモンスターを打ち負かし、アイビーSは後方からの競馬で4着となかなか中身が濃い印象。完成度の高さでオーソクレース、ラーゴムには惜敗しているが東京1800だったことを踏まえて中山2000であれば逆転可能とみる。メンバー上位のテン志向で鞍上も心強く想定よりも人気になりそうではあるが、逃げてしまえば勝ち切ってしまうのではと期待する。

イルーシヴパンサー

ハーツクライのイメージとして延長ローテが得意な面が挙げられるが、同馬の母イルーシヴキャットは1200で好走歴のあるスプリンターでありG1の2000は少し長い印象を受ける。フリージア賞までは2歳的なスピードと完成度の早さで好走した印象で前走のスプリングSが重馬場でしっかり力負けしていることから中山2000への延長格上げとなる臨戦がプラスに働くとは思えない。

エフフォーリア

父エピファネイア産駒の特徴として”上がりの脚が活かせる直線の長い舞台での瞬発力戦に強い”面が挙げられるが、同馬はデビューから3戦好位での競馬で押し切るようなレースで勝ち上がってきた。但し、いずれも札幌・東京の中距離戦と主流血統に相性の良い舞台(自身にとっては走りやすい舞台)でのもので初の中山替わりで更なるパフォーマンス向上は望みづらい。また、エピファネイア産駒の延長ローテに対する適性の高さには目を見張るものが、非根幹距離から根幹距離への延長ローテはパフォーマンスを落とす傾向があるのでローテーション的にも前走以上のパフォーマンス向上は望みづらい。ただ、脚質的に好位の位置が取れる点はレース質にはマッチしそう。

グラティアス

操縦性も高く馬力も備えるハーツクライ×ダンチヒの組み合わせは中山内回りコースに相性が良い。姉のレシステンシアは父がダイワメジャーな分、短距離質でスピードや持続力が押し出された馬だが、こちらは父ハーツクライらしく中距離への融通は利きそうである。新馬戦を逃げて勝利したが京成杯は一転、控える競馬で完勝。負かしたタイムトゥヘブン、テンバガーは次走重賞でも好走しているので決してレースレベルが低いとも言えず、この舞台でも楽しみな存在である。大外枠を引いてしまったのでどういったレースプランを選択するか楽しみではあるが、テンから飛ばしすぎるとガス欠する恐れは否めない。

シュヴァリエローズ

父ディープインパクト産駒はクラシック好相性ですが、この馬は好凡走(着順だけでなくパフォーマンスも)が交互に来ており、今回は走れないターンだと思います。

 ステラヴェローチェ

バゴ産駒最高傑作と呼び声高いステラヴェローチェですが、前走の共同通信杯はエフフォーリア、ヴィクティファルス、シャフリヤールに敗戦。朝日杯2着と能力はたしかですが、サウジアラビアRCの結果を見ても、瞬発力戦では分が悪い印象。ある程度、他馬がハイパフォーマンスを発揮出来ないような渋った馬場であれば瞬発力の差は埋められると思います。ただ雨が降って鉄板級の信頼が置けるかと言うと疑問。本来、バゴ産駒は1200や1600といった短距離への適性が高い馬が多く瞬発力戦<消耗戦の中山といえども2000という距離はプラスにはならないでしょう。

タイトルホルダー

ドゥラメンテ×サドラー系と一見、重そうな血統構成ですが東スポ杯2着、ホープフルS4着、弥生賞1着と2歳時から高いパフォーマンスを発揮しています。今回は前走同様に中山2000→中山2000のローテとなりますが、ドゥラメンテ産駒は当コース好相性かつ2000→2000の同距離ローテは好走パターンなので注目です。メンバー的にも人気は落ち着きそうですし、テン上位なのでこの枠でも好位確保出来れば面白いと思います。前日~当日雨予報なのもこの馬にとってはプラスだと思います。

ダノンザキッド

ジャスタウェイ×ダンチヒなので大枠で見れば前述したグラティアスと同じハーツダンチヒの組み合わせです。ただ、ジャスタウェイは距離幅も狭く短距離質に求められるスピードが勝っている印象で、ハーツクライの後継だけどハーツクライほど器用じゃない種牡馬という認識でいます。実際、中山2000への適性は高くないのですが、この馬は東スポ杯を快勝し、皐月賞と同舞台のホープフルS1着、弥生賞3着と種牡馬の適性を超える活躍をしています。2000→2000のローテーションは好走ローテなのでここも好走可能だと思います。

ディープモンスター

ディープインパクト×米国ダンチヒといかにも皐月賞で好走しそうな血統です。近年のディープ×米国好走馬はコントレイル、ダノンキングリー、アルアインなど。前走のすみれSは派手な勝ち方をしましたし、馬柱も奇麗なので過剰に人気を被りそうです。また同世代の一線級(重賞好走馬)との比較が難しいので本命というより相手で押さえておくくらいのほうが良いかなと思います。繰り返しになりますが血統的には買いです。

ヨーホーレイク

ディープ×米国。過去全12頭が勝ち上がっているクロウキャニオンの子どもです。とにかく2歳の早い時期から好走する産駒が多くクラシックでは皆、期待されるわけですがそこで枯れてしまう産駒が多いです。いわゆるディープ×米国の典型的な早枯れディープの代表格だと思うので、この馬のこれまでのパフォーマンスが今回も出せるかというと個人的には難しいのではないかなと思います。

ラーゴム

反主流サンデーの代表格オルフェーヴル産駒で中山への舞台替わりは面白いと思います。ただディープモンスター同様、他との力関係の比較が難しく過剰に期待するのは少し怖いです。ただ、直近の春の中山開催芝2000ではゴールドシップやオルフェーヴルが度々、馬券に絡んでいるので血統バイアスはハマっているように感じます。

ルーパステソーロ

前述した血統バイアスのゴールドシップ産駒ではありますが、さすがに足りないと思います。

レッドベルオーブ

ディープ×米国。母レッドファンタジア産駒は過去4頭全てが2勝以上している良血馬になります。”この血統は好走するけど勝ち切れない”そんなイメージを持っています。朝日杯3着は素晴らしい結果ですが皐月賞へ駒を進めたのがステラヴェローチェのみと少しレースレベルに疑問を感じます。G1で走るならここだと思いますが少し買いづらいです。

ワールドリバイバル

さすがに足りないと思います。

ヴィクティファルス

成長力がありそうなハーツクライ×サドラー系の組み合わせ。実際新馬戦はレースレベルも低く、共同通信杯では7人気と低評価を覆して2着に好走。エフフォーリアには離されてしまいましたが、シャフリヤール、ステラヴェローチェには先着。重馬場で行われたスプリングSではアサマノイタズラを差し切り勝ち。現状の能力トップクラスなのは間違いありません。唯一、共同通信杯→スプリングS→皐月賞というローテは気になりますが、天候込みで期待したい1頭です。

種牡馬ローテ比較シート

買い候補馬(まだ全然決めてませんが・・・)

アドマイヤハダル

ヴィクティファルス

ダノンザキッド

ディープモンスター

タイトルホルダー

グラティアス

以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. […] 重賞コラム#6【皐月賞】 […]

タイトルとURLをコピーしました